TBSの肖像権侵害なかった 脳性マヒ少女放映でBPO

印刷

   脳性マヒの少女の訓練映像をTBSが無断で放送したとされた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)は2010年9月16日、「肖像権の侵害はなく、放送倫理違反もなかった」とする審理の結果を明らかにした。

   TBSが「報道特集NEXT」の番組で映像を流したのに対し、奈良県内の機能訓練士が、肖像権侵害などとしてBPOの放送人権委員会に申し立てていた。一方、TBSは「事前と事後に使用の承諾を得ていた」と主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中