オリックス、韓国の中堅貯蓄銀行を買収

印刷

   オリックスは、韓国の中堅貯蓄銀行である「PUREUN(プルン)2相互貯蓄銀行」を買収する。プルン2の親会社PUREUN相互貯蓄銀行と株式譲渡契約を、2010年9月20日に締結。発行済み株式の約85%を取得する。出資額は約85億円になる。

   現在、韓国の金融当局への承認手続きを行っているところで、承認を経て株式を取得する。そのうえで、頭取(CEO)を含む経営幹部も数名を派遣して経営に参画する。

   プルン2はソウル市内に本店を置き、主に中堅・中小企業を対象に、事業資金や設備投資の資金などを融資している。総資産は6937ウォン(約494億円)、預金量5874ウォン(約418億円)。自己資本比率15.88%、不良債権比率5.68%と、財務の健全性は相互貯蓄銀行で上位クラスに入る。

   オリックスはすでに、韓国でリース事業や測定機器・情報機器のレンタル事業、投資事業などを手がけている。こられの事業にプルン2の顧客基盤を融合させて、韓国でさらなる顧客開拓を図る。成長の著しいアジア市場戦略の一環と位置づけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中