志村けんが結婚秒読みはホントか お相手は「元国民的AV女優」

印刷

   タレントの志村けんさん(60)の結婚が秒読みに入ったと週刊誌が伝えた。相手は元AV女優で現在はテレビや舞台で活躍しているみひろさん(28)。ネットでは驚きと祝福の書き込みが溢れているが、本当にこの二人の結婚はあるのか。

   志村さんはこれまで数多くの女性タレントと噂になってきた。いずれも志村さんが出演している番組に招き共演したことから交際の噂が立ったのだが、結婚には至らなかった。みひろさんも志村さんの番組や舞台に何度も招かれ出演している「お気に入り」のタレントだという。

「年の差32歳、うらやましい」

   「志村けん&みひろ結婚3秒前」と報じたのは「週刊大衆」2010年10月11日号。二人の結婚話しが浮上したのは今年6月、みひろさんがAV女優を引退したことがきっかけだと同誌は説明している。08年から志村さんはみひろさんを自分のテレビ番組や舞台に起用し芸能界の後見人のような存在になっていて、また、食事をしたりコンサートに行ったりするなど二人の親密な姿が度々目撃されている。AV引退も志村さんの応援があったからで、これを機にゴールインするのだろうと説明している。

   ただし、結婚の確かな証拠があるのかというとそうでもないようで、同誌では今回のみひろさんとの結婚について「怪情報」という芸能記者のコメントを掲載。二人が所属するそれぞれの芸能事務所も恋愛関係すら否定している。

   志村さんの結婚情報にネットでは、

「志村けんは60歳、差なんと32歳です。いや~ほんと元気ですな~うらやましいです」 「心底2人とも幸せになってほしいと思える組み合わせだなぁ。真実なら、だけどw」

などという「志村ガンバレ!」の書き込みが多数出ている。一方で、この記事を読んだファンのひとりは、冷めた目で

「今にも結婚しそうなタイトルですが、だいたい予想通りの内容w。宣伝効果もありますからいいんじゃないでしょうか」

となどとブログに書いている。

「素敵な恋もしたいけど、恋愛と仕事の両立は難しい」

   本当に結婚はあるのか、みひろさんの所属事務所・m-voiceに聞いてみたところ、

「恋愛も結婚も全く聞いておりません」

ということだった。志村さんのイザワオフィスでは、確かに志村さんはみひろさんの才能を評価し応援、可愛がって自分の番組や舞台で起用しているが「お付き合いしているわけではありません」と話している。

   実は、みひろさんは現在、赤丸急上昇中の女優兼タレントであり、この大事な時期に結婚するとは考えにくい。公式プロフィールによれば、みひろさんは新潟出身の82年5月19日生まれ。芸能界に入るために上京し最初はグラビアやVシネマに出演していたが、事務所の勧めもあり約5年前に初めは拒んでいたAV界に進出、そして「国民的AV女優」といわれるまでになった。

   志村さんと出会ったのは2年前のテレビ番組「志村けんのだいじょうぶだぁSP」。下着になるなどのセクシーなコントができる女優を募集したところみひろさんに白羽の矢が立った。志村さんは女優としてのみひろさんの勘の良さと演技力が気に入り、今では自身の番組や舞台で主要な役割を任せるようになっている。

   また、09年5月に自伝的小説「nude」を講談社から発売しベストセラーに。この小説は映画化され10年9月に劇場公開、みひろさん自身も女優として出演している。みひろさんはこの映画の公開について、自分は女優を目指して上京、何をどうしていいのか分からなかったが、この映画に出演したことで自分の夢を叶えることができたとし、

「素敵な恋もしたいけど、恋愛と仕事の両立は難しいですからね」

などと9月18日に行われた映画試写会でのトークショーで話している。当面は恋愛や結婚ではなく女優としての仕事を頑張りたいとの意向のようにも受け取れる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中