「けいおん!!」今度こそ本当の最終回 「アニメの聖地」徳島、異常な盛り上がり

印刷

   TBS系の人気深夜アニメシリーズ「けいおん!!」の第2期放送が、ついに最終回を迎える。同作品をはじめとして、ここ数年は地方でもアニメをめぐる「特需」とも言える現象が起こっている。特に、徳島市では、2009年からアニメの祭典が開かれ、毎回数万人が来場。大きな盛り上がりを見せている。

舞台が観光名所、大きかった波及効果

   「けいおん!!」は、軽音楽部に所属する女子高生の日常生活を描いた作品で、2010年9月28日深夜(9月29日未明)に最終回を迎える。実は9月14日深夜の放送でも「最終回」とされる内容が放送されたが、翌週の9月21日深夜にも「番外編」といった位置づけの内容が放送されていた。9月14日と21日のテレビ欄と違い、9月28日には「(終)」の表示があることから、同日の放送で、第2期の放送が「完全終了」する模様だ。

   同シリーズをめぐっては、主題歌のCDがヒットチャートにランクインしたり、作品に登場する学校のモデルとされた学校が、事実上の「観光名所」化したりするなど、波及効果も大きい。

   同シリーズ終了直後に徳島市で開かれるアニメの祭典が、09年から始まった「マチ☆アソビ」だ。徳島市内の眉山山頂などで開かれる。「けいおん!!」で平沢唯役を演じた声優の豊崎愛生(あき)さんが、イベント会場でもある眉山のロープウェーの案内テープを吹き込むなど、イベントに華を添える。

   同イベントが行われるのは、今回が4回目。このイベントの仕掛け人は、東京のアニメ制作会社「ユーフォーデーブル」。同社の近藤光社長が徳島市出身なのが縁だ。09年4月には、分室との位置づけで徳島市内にスタジオを開設してもいる。

前回イベントには1万8000人が来場

   今回は10月9日から11日にかけて行われる予定で、声優やクリエイターによるトークライブや、アニメの声優を募集する公開オーディションが企画されている。アニメキャラをペイントした「痛車」「痛バイク」「痛チャリ」の展示イベントも行われる。

   徳島県の観光戦略局にぎわいづくり課によると、初回の09年10月には1万2000人、2回目の10年1月には2万1000人(16日間開催)、3回目の10年5月には1万8000人(3日間開催)のアニメファンが全国から集まった。東京以外のアニメイベントで、これだけの規模での集客は異例で、県では「前回の『1万8000人』超えを目指せればいいですね」などと意気込んでいる。

   同イベントを主催する徳島市観光協会では、09年から2年連続で阿波踊りのポスターにアニメキャラを採用。盗難が続出し、ヤフーオークションでは、最高2万7000円の値段が付いている。県内でも、アニメに対する注目度は高いようだ。

   県では、08年には「情報通信関連事業立地促進補助金」の制度を立ちあげ、コールセンターやデータセンター、アニメなどのデジタルコンテンツ産業の誘致を進めている。「アニメの聖地」としての徳島県への期待が一層高まりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中