孫社長「光の道」構想で共同出資会社を提案 

印刷

   ソフトバンクの孫正義社長は、2010年10月25日の記者会見で、政府の「光の道」構想に関する新提案を明らかにした。「光の道」構想とは、2015年までに国内すべての世帯で、超高速ブロードバンド通信のサービスを受けられるようにするというもの。孫社長によると、この実現に向けて、NTTのアクセス回線部門を分離し、政府やソフトバンクを含む通信会社による共同出資会社を設立する。

   孫社長はツイッターで、提案内容とその効果について披露。「光回線1400円。電話基本料300円。光BB1150円。メタル回線全廃。山間部、離島も含め全ての国民に提供。ユニバ基金負担廃止。NTTの回線部門負債1兆円を代理弁済。弊社含む5000億円共同出資会社で実現」と具体的に踏み込んでおり、「誰も乗らない場合は、弊社1社でも資金負担覚悟あり」と断言している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中