ベネッセ「中高生向けケータイ」サービス停止へ

印刷

   ベネッセコーポレーションは、主に中高生を対象にした機能制限の設定が容易でフィルタリングを段階的に変更できる携帯電話サービス「ベネッセモバイルFREO」を、2011年2月末で終了する。ウェブサイト上で告知している。

   このサービスは、同社の「進研ゼミ」の会員を対象に提供されたもの。2010年2月~5月に利用者を受け付けた。子どもが携帯電話から有害サイトにアクセスできないようにフィルタリングを6段階で変更できたり、メールや通話が利用できる曜日や時間を設定できたりする機能が付いている。

   今回のサービス停止についてベネッセ広報に聞いたところ、「当初想定していたよりも入会者数が少なかった」とのこと。サービスの料金が顧客側にやや高く受け止められたこと、また「FREO」の発表後に各通信会社から類似のサービスが出てきたことなどが原因ではないか、と同社では見ている。

   同社ではサービス停止にあたり、個々の利用者に詳細を説明するとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中