解放された山路徹さん「ツイート出来ている事が夢のようです」

印刷

   ミャンマーに不法入国した疑いで現地当局に拘束されていたAPF通信社代表の山路徹さんが2010年11月9日、無事解放された。

   山路さんは7日に行われたミャンマーの総選挙を取材するため、タイから国境の川を渡ってミャンマー東部カレン州ミャワディに入った。そこで投票所周辺を撮影後、秘密警察に拘束されたという。国外退去処分を受け、9日夜にタイ側に戻った。

   解放後、山路さんはツイッターに「皆さんにはご心配かけました。そのかわりと言ってはなんですが、ビルマ刑務所の実態を取材することが出来ました」「懲役5~7年を言い渡されていたので、いまこうしてツイート出来ている事が夢のようです」と投稿している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中