メガバンクの中間利益1兆円超 「リーマン前」の水準に

印刷

   三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、みずほフィナンシャルグループ(FG)の3メガバンクの2010年9月期決算の最終利益は計1兆円を超え、リーマン・ショック前の水準を回復した。融資が伸び悩んだものの、国債等の売買益が大きく貢献したほか、貸倒引当金繰入額の負担減が貢献した。

   ただ、景気の先行き不安に伴う企業融資の低迷や、改正貸金業法などの影響で厳しい経営が続く傘下の消費者金融や信販・ノンバンクへの対応、など今後の見通しは楽観できない。国債への収益依存を危ぶむ声もある。

   国内事業が振るわないため、各社は海外事業の拡大に活路を見出しており、MUFGは英大手銀行の部門買収を、みずほFGも米資産運用会社への出資を発表している。

   MUFGの中間純利益は3567億円、自己資本比率は15.24%。SMFGは3511億円、16.02%。みずほFGが3417億円、15.40%だった。

   新しい自己資本比率規制への対応も課題になる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中