「KARA」紅白出場決定報道 韓国中央日報なぜか「誤報」と決めつける

印刷

   大晦日「第61回NHK紅白歌合戦」に韓国の大人気女性ユニット「KARA」の出演が決まった、とスポーツ紙が大々的に報じたが、韓国の有力紙「中央日報」はこの報道を「誤報」と切り捨てた。

   「KARA紅白決定!!」と打ったのは2010年11月16日付けの「東京スポーツ」。「KARA」は日本での成功が夢で、新曲のプロモーションも韓国より日本を優先させてきた。

韓国でも「KARA」が出るのか話題に

   10年8月に出した日本デビュー曲はオリコンチャート総合5位に入りその後も快進撃を続けている。年末は韓国の音楽番組に出る予定だったが、念願の大イベント「紅白」の出場依頼が来たため承諾した、などと書いている。

   これに対し「中央日報」は10年11月16日付けの電子版で、「東スポ」の記事が誤報であることがわかった、と報じた。「東スポ」の記事が韓国のネットユーザーの間でも話題になっていたため、「KARA」の所属事務所に問い合わせたところ、

「まだ日本所属事務所からいかなる連絡も受けていない」

という回答が来たからだという。

出す曲全てがオリコンチャートの上位

   今年の日本では「少女時代」「KARA」「BIGBANG」「超新星」などのグループを筆頭に「K-POP」旋風が吹き荒れている。「少女時代」「KARA」は出す曲全てがオリコンチャートの上位に入り、イベントを開催すると2万人以上のファンが詰めかけるという騒ぎになった。歌番組だけでなくバラエティー番組にも引っ張りだこで、「KARA」の11月のスケジュールはテレビで顔を見ない日は無いほどの忙しさだ。

   NHKが10年8月25日夜のニュース番組でトップに報じたのが、民主党代表選や円高問題ではなく「少女時代」の来日だった。それだけに、「紅白」に「少女時代」「KARA」が出ても全くおかしくないというより、かなり有力といっていい。

   NHKは出場歌手を発表する直前まで、所属事務所などに伝えることはない。中央日報は出場しないとも限らないとし、

「日本で活躍中のKARAと少女時代がこの舞台に立つかどうか、ファンの関心が集まっている」

と記事を結んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中