韓国国防相が辞任 砲撃事件で引責か

印刷

   韓国の金泰栄国防相が辞任することになった。同国メディアが2010年11月25日報じた。

   北朝鮮軍による韓国・延坪島への砲撃事件で、責任を取ったとみられている。韓国国内では、軍が十分戦えなかったため、被害を食い止められなかったとの批判が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中