福島党首「ブチ切れなくて済むように」 菅首相に「注文」

印刷

   民主党と社民党の党首会談が2010年12月6日、官邸であった。菅直人首相と福島瑞穂党首らが意見を交わし、11年度予算編成に向け政策協議の場を設けることで合意した。福島党首は、米軍普天間飛行場の沖縄県外移設や武器輸出3原則の堅持を求めるなどした。

   会談後、福島党首はテレビカメラの前で「私がブチ切れなくて済むように、それはよろしくお願いしますということは、何度か(首相に)申し上げましたので」と語った。普天間移設問題を巡って社民党は、沖縄県内移設を決めた日米合意に反発し、10年5月末、連立政権から離脱した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中