マツコ・デラックス「1時間約10万円!?」 人気タレントの「10分の1」の出演料

印刷

   マツコ・デラックスさん(38)、戦場カメラマンの渡部陽一さん(38)といえば、昨年ブレイクしテレビに引っ張りだこだが、出演料はマツコさんで1時間あたり10万円程度。人気タレントと比較すれば10分の1なのだという。

   これはギャラが「芸能人枠」と「文化人枠」に分けられていて、マツコさんはエッセイストのため「文化人枠」の安いギャラ設定になっているのだそうだ。

中山秀征、恵俊彰は100万円

   「週刊ポスト」の2011年1月14日、21日合併号の芸能人のギャラ特集によれば、マツコさんのギャラは激安で「1時間番組当り10~20万円程度」と書かれており、ネットでは「安すぎる」と話題になっている。芸能界事情に詳しいジャーナリストに話を聞くと、マツコさんや渡部さんがテレビに引っ張りだこの理由として、もちろん、お茶の間での人気が高いこともあるが、

「マツコの出演料は1時間あたり10万円。人気タレントと比較し10分の1程度の出費で済むため、経費削減にうるさいテレビ局にとって有り難い存在」

だから、テレビ出演の機会が増えるのだという。

   また、人気タレントの出演交渉をする際に、芸能事務所がバーターで売れていないタレントも出演させろと持ちかけることが多いが、マツコさん、渡部さんにはそうしたことがなく、ピンポイントで出演させることができる。こうしたことがテレビ番組制作側の受けもいいのだという。ちなみに、中山秀征さん、恵俊彰さんら売れっ子のタレントのテレビ出演料は、1時間あたり100万円程度だそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中