AKB48、「慢心すれば降格」 8人を「スーパーサブ」へ

印刷

   メンバーの新曲での立ち位置をファン投票で決めるなど、絶えず厳しい競争環境にさらされるAKB48のメンバーだが、総合プロデューサーの秋元康氏が、「56人のメンバーを48人に減らす」などと宣言していたことが明らかになった。秋元氏は「卒業ではない」と強調したと言うが、これを「事実上のリストラ」と受け止める向きもあり、波紋が広がっている。

10年12月に8人追加したばかり

秋元氏の発言が波紋を広げている(10年夏撮影)
秋元氏の発言が波紋を広げている(10年夏撮影)

   AKB48の正式メンバーは、それぞれ16人から構成される「チームA」「チームK」「チームB」を合計した48人だったが、10年12月8日のデビュー5周年記念公演で、予備軍にあたる「研究生」から8人が昇格することが発表され、56人体制になったばかりだった。

   だが、それから1か月半しか経たない11年1月23日に秋元氏から語られた内容が、波紋を広げているのだという。この日は、恒例のライブ「リクエストアワー セットリストベスト100」最終日。このライブの打ち上げの場で、約200人を前に秋元氏が

「56人いるメンバーを48人に戻す」

などと発言。この発言は、首都圏では11年2月3日に発売された「週刊文春」2月10日号でも、「AKBに衝撃 秋元康『タルんだメンバーを8人減らす』宣言」と題して、2ページに渡って報じられた。「文春」の記事では、「みんなの頭をよぎったのは、やはり『卒業』でした」との出席者の声を紹介するなど、強く「リストラ」や「仕分け」を示唆した内容になっている。

「『スーパーサブ』として8人を移す」

   秋元氏の話を現場で聞いていたという事務所の担当者によると、確かに正式メンバーを48人に減らす旨の発言はあったという。だが、実際の発言内容は、以下のようなものだったという。

「(現行の正式メンバー)56人のうち、『いつ8人が卒業させられるか』と不安だと思うが、卒業はさせない。では、どうするかというと、野球やサッカーで言う『スーパーサブ』として8人を移す。『卒業』だと言うと戻ってこれないイメージだが、いつでも戻れる」

なお、「スーパーサブ」とは、スターティングメンバーではないものの、試合の途中で切り札として投入される選手のことを指す。また、秋元氏は、

「AKB48が大きくなっても、レギュラーの座に慢心せずに頑張って欲しい」
「大きくなったことで、遅刻など生活態度がたるんできているメンバーがいると聞いている」

とも発言。「スーパーサブ」の設定で、AKB48全体の引き締めを図りたい考えのようだ。

   この事務所担当者によると、「スーパーサブ」に降格させるにあたっての選定基準は未定で、文春の記事については

「『「卒業候補に挙がっている」などと通告されたメンバーもいたという』という箇所は、明確に誤り」

と話している。

   メンバー卒業などを始めとする重大情報は、これまでは公演中に発表されることが多かったことから、事実上降格する8人の名前も、11年3月の横浜アリーナでの公演で発表されるとの見方もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中