おせち問題のカフェが衣替え断念?

印刷

   おせち販売のトラブルを起こした横浜のバードカフェが閉店し、新たに同系列の居酒屋が同じ場所にオープンすることを求人情報サイトで明らかにした。しかし、このことが話題になると、求人情報がいきなり停止されたのだ。

   系列居酒屋の求人情報は、マイナビやニフティのアルバイト募集サイトに2011年2月4日から掲載された。

「その件については、お答えできません」

   この居酒屋は、バードカフェと同じ外食文化研究所の経営になる。求人サイトでは、「オープニング大募集!」などとうたい、大学生やフリーターも歓迎とあった。

   東京商工リサーチ横浜支店によると、同研究所は、神奈川県内で10店ほどを直営で展開している。求人情報では、そのうちの1店と同じスタッフ集合写真を使っていた。

   おせち問題では、消費者庁などが景品表示法違反(優良誤認)にならないか事実関係を調べている。場合によっては、行政指導などの対象になるだけに、形を変えての営業継続ではないかとネット上で疑問の声も出ていた。

   すると、マイナビなどでは、7日夕になって求人情報が突然停止されたのだ。サイト上では、20日までの掲載期間になっていた。各系列店の求人情報も、8日になって停止されている。

   こうしたことについて、J-CASTニュースでは、外食文化研究所に取材を申し込んでいる。系列店の1つを取材すると、店長は「その件については、お答えできません」とのことだった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中