大食いタレントは摂食障害? 「本当は食後に激しく嘔吐している」

印刷

   テレビの大食い選手権に出場した30代の元フードファイター女性が、自らも含め選手の多くが食後に嘔吐していることをブログで明かしている。この女性は、過食嘔吐という摂食障害で施設入所しており、専門家もトップ選手のほとんどにその疑いがあるとしている。

   この女性は、大食いと言いながらも摂食障害であることを2010年11月にブログで初めて告白した。

元フードファイター「太らないはウソ」

   障害を克服するために2011年1月から施設に入所しているといい、ブログもその時点で無期限休止に入った。告白に対し、批判はあるものの、2月に入っても応援コメントが多数寄せられ、100件ほどに達している。

   女性はブログで、「食べても太らない」と言っていたのはウソだと明かした。実際は、食後に激しく嘔吐していたから、やせていたという。そして、大食い選手すべてとは言えないが、実際にその場にいた選手の多くが食後に吐いていたというのだ。

   自らは摂食障害の病気だといい、食事1回でなんと2、3時間も食べ続けていた。嘔吐ばかりでなく、便通もひどかった。1日でバナナにして2、3本、多いときは5、6本分もあった。食べたものがほとんど消化されない下痢状態のときもあったという。

   大食い選手権のフードファイターらも、この女性と同じ病気だったのだろうか。

   政策研究大学院大学の鈴木眞理教授(内分泌学)は、その可能性が極めて高いとみる。

「選手権をテレビで見ていたとき、最後に残った女性5人は、ほとんどがやせていました。足も骨皮状態の人が多かったです。これは、ほとんど全員が摂食障害だと思います。食べて普通に消化されれば、ほぼ間違いなく太りますからね。予選で落ちましたが、実際に摂食障害の患者さんも出ていたんですよ」

嘔吐うやむやにするテレビ番組に疑問

   ただ、全員がそうかというと、鈴木眞理教授は、必ずしも断定はできないとする。

「代謝が極めてよい家系に生まれるという、先天的なものの可能性はあります。食べても太らずに、すべて熱にして発散してしまう遺伝子を持っているということです。いわゆる『やせの大食い』と呼ばれているものですね」

   ただ、それも何万人に1人というレベルで、骨皮状態にまでやせていることは考えにくいという。

   前出の元フードファイター女性は、摂食障害の患者には、選手よりたくさん食べられる人もいるとブログで明かす。しかし、フードファイターになれるのは、人前でそれができたり、すぐに嘔吐しなくて済んだりする人だけだという。

   フードファイターについては、食べ物を大切にし、心の栄養補給にしている人だとして、否定してはいない。しかし、テレビ番組が嘔吐の事実をうやむやにしていることに対しては、患者のためにならないと疑問を投げかけている。

   鈴木教授も、大食いのあり方に警鐘を鳴らす。

「わんこそば競争で10杯をいかに速く食べるかというなら分かりますが、エンドレスに食べるというのはどうか。摂食障害は、アルコール中毒と同じ精神的な病気であり、食べているときは気分がいいんですよ。フードファイターに出るのは、恥ずかしくないと思うように、食べると人柄が変わるからでしょう。しかし、実際のところは、嘔吐するなどして体を酷使しているわけです。そのへんのところについてテレビ局がどのような認識なのか、知りたいですね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中