トヨタ、18年ぶりに国内新工場

印刷

   トヨタ自動車の車両製造子会社にあたる「セントラル自動車」は2011年2月16日、宮城県大衡村に建設した宮城工場の開所式を行い、トヨタの張富士夫会長や村井嘉浩知事が出席した。トヨタが国内に組み立て工場を新設するのは18年ぶり。海外生産が拡大する中、最新鋭の生産技術を投入し、国内でもコスト削減を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中