「灰皿でテキーラ」「鼻に頭突き」 海老蔵ご乱行、元リーダーがTVで証言

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)は、酒場で暴力などを振るっていた――。一緒に飲んだ元暴走族リーダー男性(29)がテレビ番組で、このような「酒乱」ぶりを初めて自らの口から語った。

   元暴走族リーダー男性との単独インタビューは、TBS系の報道・情報番組「Nスタ」で2011年2月17日夕に放送された。

初めは意気投合、シャンパン10本空ける

本当に記憶にないのか
本当に記憶にないのか

   男性の言い分は様々な形で報じられているが、直接取材に応じるのは初めてという。

   男性はインタビューで、10年11月25日未明、傷害事件のあった東京・西麻布の雑居ビル11階の会員制カラオケバーで、海老蔵さんと3回目ぐらいに席を共にしたことを明かした。

   「お久しぶりです」。その証言によると、2人とも初めは意気投合して、お互いに敬語で乾杯するなどしていた。そして、話が弾んで、シャンパンだけでも10本ぐらいを空けるほど、飲み続けた。

   その後、ビル6階にあるダーツバーに移り、そこで、伊藤リオン被告(27)ら男性の後輩たちと合流した。ところが、海老蔵さんはその直後に、テキーラを灰皿に入れて、後輩にこう勧めたというのだ。

「後輩だったら、これで飲め!」

   さらに、11階のカラオケバーに戻ったとき、男性は、酔いつぶれて「帰りたい」と言い始めた。しかし、海老蔵さんは男性の髪の毛をつかみ、「しっかりしろよ!」と無理矢理起こそうとした。

   これを見かねた伊藤被告は、「もういい加減にして下さいよ。先輩に何するんですか」と口をはさんだ。これに対し、市川海老蔵さんは頭に来たのか、いきなり立ち上がって、「なんだ、この野郎! 後輩のくせに」と怒鳴りつけた。

後輩が海老蔵さんに手を出したことは謝罪

   元暴走族リーダー男性も、この状況に切れた。立ち上がって、「後輩に何なんだよ! 後輩関係ねえだろ!」と市川海老蔵さんと言い合いに。

   すると、海老蔵さんが、いきなり男性の鼻めがけて、頭突きを食らわせたというのだ。男性は、そのまま倒れて座り込んでしまったという。鼻血が出たため、その後に病院に行き、10日間のけがの診断書が出たことはすでに明らかにされている。

   男性の証言によると、これが事件前の一部始終だそうだ。

   海老蔵さんは、10年12月28日の再会見で、暴力を否定できないとして、示談に応じたことを明かしていた。しかし、自らは暴力を振るったり、灰皿にテキーラを入れて飲ませたりした記憶はないと、一貫して主張し続けている。

   これだけ暴れていたとしても、本当に記憶にないのか。

   所属する市川團十郎事務所に取材すると、担当者は終日外出中とのことで、話は聞けなかった。

   男性は、伊藤リオン被告については、先輩のことを思って手を出しただけだとインタビューで強調した。11年2月18日にはその初公判が東京地裁で行われるが、証人としてそのことを証言することを明らかにした。

   一方、無期限の謹慎をしている海老蔵さんについては、「家庭があり、仕事もあるので、その面では本当に申し訳ないことをした」と後輩が手を出したことを謝罪している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中