娘の裸をサイトにアップ 中国の「婚活ブーム」過熱

印刷

   中国で母親が26歳の娘の結婚相手を探すため、娘の裸をビデオ撮影し、その動画を婚活サイトにアップさせたと、台湾や香港の新聞やテレビ局だけでなく、アメリカ大手ニュースサイト「ハフィントンポスト(HuffingtonPost)」までが動画付きで大きく報じた。

   中国は今や空前の婚活ブーム。だが、仕事に忙しい適齢期の本人たちに代わって結婚相手を探すのはその親という場合が多い。女性の結婚適齢期は20歳から25歳。26歳になれば「売れ残り」といわれ、好条件の結婚が厳しくなる。それだけに母親が決死の覚悟で娘の裸を撮影しアピールするにいたった、ということのようだ。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
012
>>006 2011/3/ 1 12:11

売り手市場なのに買い手が付かないって・・・賞味期限切れは大変だな・・・

011
ウーピールーピー 2011/3/ 1 12:07

>中国で母親が26歳の娘の結婚相手を探すため、娘の裸をビデオ撮影し、その動画を婚活サイトにアップ

それでマトモな結婚相手が見つかると、本気で思ったんだろうか?
さすがに中国はルーピー先進国だな。
前総理が敬意を払う国だけの事はある。

010
ええ 2011/3/ 1 11:50

 

上手くいったら
世界基準となる 


コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

J-CASTニュースは2016年1月の月間ページビュー(PV)が約1億1千万に達した。

ユーザー登録後24h限定 セール品がさらに安くなる3000円分クーポンつき

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座