高度経済成長のシンボル JALジャンボ機が退役 

印刷

   日本航空(JAL)のジャンボジェット機(ボーイング747型機)が2011年3月1日、ラストフライトを迎えた。40年以上前に日本の空にお目見えしたジャンボ機は、一時期は日本の高度経済成長のシンボルのひとつだった。だが、燃費の悪さが敬遠されるようになり、新型機への切り替えが進んでいた。

   ラストフライトを迎えたのは、ホノルル発のJL75便と那覇発のJL3098便。両便が13時過ぎに相次いで成田空港に到着し、大西賢社長や、歴代の制服に身をつつんだ客室乗務員(CA)らの出迎えを受けた。

   ホノルル便の機長を務めた斎藤一之さん(49)は、

「ジャンボ機は同僚と言うよりも相棒。着陸した時に、『この感覚が最後なんだな』と思いました。ジャンボは、速く、高く、快適に飛べる飛行機でした」

と感慨深げだった。大西社長は、

「ジャンボ自体は日本航空の代名詞で、経済成長の象徴。このジャンボも十分に手を入れた整備をしているので、これからどこか他の空で頑張ると思う」

と、他社に売却されるジャンボ機のセカンドライフに思いをはせた。

ボジョレ・ヌーボーを大量空輸

ボーイング747-400型機は、今では6機が在籍するのみだ
ボーイング747-400型機は、今では6機が在籍するのみだ

   ジャンボ機が日本の空に登場したのは、「いざなぎ景気」真っただ中の1970年。大阪では万博が開かれた年でもある。3月にはパン・アメリカン航空が初めてジャンボ機を日本に乗り入れたのに続いて、7月1日夜に、羽田からJALのホノルル行きが就航した。翌7月2日の読売新聞では、

「361座席のうち、320を埋め、約90%近い(搭乗)率を確保することができた。まず好調なすべり出しだといえる」

というJALのコメントを紹介、盛況ぶりを伝えている。

   当時の新聞紙面を見ると、ジャンボ機が大きな期待と関心をもって迎えられたことが分かる。就航前年の69年8月に掲載された試乗会の広告には、

「ジャンボで始まる新しい空の時代。そのすばらしさを、あなたの目で、肌で実感してください。11月、ボーイングの工場ではジャンボの巨体にくっきりと日章旗が描かれます。赤い大きな鶴のマークが尾翼に輝きます」

と、新しい時代の幕開けを強調するキャッチコピーが踊った。

   また、ジャンボ機は一度に多くの乗客を運べることから、運賃の値下げにも貢献した。例えば、ジャンボ機就航前の69年9月に掲載された広告では、ハワイ7日間のツアーが26万4600円だったが、ジャンボ機就航後の70年11月に「ジャンボで行くジャルパック」と銘打った広告では、22万7000円にまで値下がりしている。

   このように、ジャンボ機は飛行機旅行の大衆化を進め、「大量生産、大量消費」の象徴でもあった。

   90年代のいわゆるバブル景気には、ワインのボジョレ・ヌーボーをジャンボ機が大量に空輸してくることが風物詩にもなった。1990年には、今回退役するボーイング747-400型が導入され、最盛期の94年~01年度には、貨物・旅客合わせて約80機のジャンボ機が同社で活躍した。

原油価格高騰で経営圧迫

大西賢社長らが横断幕(写真左)でラストフライトを出迎えた
大西賢社長らが横断幕(写真左)でラストフライトを出迎えた

   だが、ジャンボ機は最新鋭のボーイング777型機や737型機に比べて燃費が悪く、原油価格の高騰でJALの経営を圧迫。10年1月には会社更生法の適用を申請したJALは、更生計画の一環としてジャンボ機の退役を決め、現在在籍するのは6機のみ。この6機も、順次売却されることになっている。

   成田空港開港後初めてジャンボ機を着陸させたという元JAL機長で航空評論家の小林宏之さん(64)は、

「やっぱり寂しい。こういう経済状況でなければ、あと数年は世界の主役でいられた飛行機だ」

と、名残惜しそうだった。

   全日空のジャンボ機も、11年3月には国際線、15年には国内線からも退役予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中