「ご飯、こっちの方がおいしいよ」 計画停電で試したいガス鍋炊飯

印刷

   帰宅ラッシュに疲れて、早くご飯が食べたい――。

   こう思っても、停電中は、炊飯器が使えない。もちろん、事前に炊いておくのも手だが、やはりホカホカのおいしいご飯が食べたい。

   そこで、レシピサイト「クックパッド」で、鹿児島県・奄美大島在住の投稿者kyokiyさんが勧めるのが、鍋を使ってガスコンロでご飯を炊くことだ。そこでは、米と水だけでできるおいしいご飯の炊き方(http://cookpad.com/recipe/1268706)が紹介されている。

   お米を3合使う場合を挙げており、kyokiyさんによると、1時間ほど浸水させるのがコツ。この方がおいしいからだ。弱火にしてから10分ほどあれば炊けるといい、さらに10分ほど蒸らすと出来上がりだ。

   疲れた体に少し酷なら、休みの日に試すのもいいかもしれない。kyokiyさんは「奄美水害のときにも長時間の停電でもおいしいご飯が食べられました」。早速、試した人から「輪番停電に備えてガスご飯。大変ためになりました」との声が寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中