京大卒業式「伝統のコスプレ」禁止 大震災で自粛、と学生に通達

印刷

   東北関東大震災で日本全国に自粛ムードが広がる中、京都大学は2011年3月18日、24日に行われる卒業式で「仮装等の行為」を慎むよう、学生に異例の通達を出した。

   京大の卒業式では例年、卒業生による仮装(コスプレ)などのパフォーマンスが恒例となっており、メディアにもたびたび取り上げられるいわば「名物行事」だ。

「コスプレ禁止の京大卒業式に何の価値があるのか!」

写真は京都大学正門(2009年6月撮影)
写真は京都大学正門(2009年6月撮影)

   18日に大学から卒業予定者に送られたメールによると、震災による甚大な被害と今なお続く救援・復旧作業を考慮し、「卒業式では、このような時期にふさわしくない仮装等の行為を厳に慎み、厳粛に挙行すべきだ」と表明している。

   学生には「充分に自覚のある行動をもって卒業式に臨むよう」と求め、もしコスプレなどで出席した場合には、「入場をお断りすることがあります」としている。

   ツイッター上では「京大の伝統が…」「コスプレ禁止の京大卒業式に何の価値があるのか!」「こういうメールが来る事自体何かがおかしいw」といったつぶやきが飛び交うとともに、「各国の民族衣装で正装する分にはいいんだよね?」など、早くも「抜け道」を探す声も出始めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中