「健康被害、チェルノブイリよりはるかに小さい」 米医師が会見

印刷
ロバート・ゲール医師
ロバート・ゲール医師

   チェルノブイリ原発事故や東海村臨界事故で被ばく者治療に携わった米国のロバート・ゲール医師が来日し、2011年3月23日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。この席でゲール氏は、福島第1原発が与える健康への影響は、チェルノブイリよりも大幅に小さくなるとの見通しを示した。

   またゲール氏は「根本的な違いは、原子炉の種類の違い」だとして、漏れ出た放射性物質はチェルノブイリと比べて少ないことを指摘。発ガンリスクは極めて低いと指摘した。

   さらに、

「福島や日本中で、『放射線』の意味が理解されていないことが問題。リスクや、どのような対応を取るべきかについて知らせるべきだ」

と、現状の説明不足を指摘した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中