東京都マンガ規制に「産業が縮小」と東国原氏

印刷

   都知事選に立候補した東国原英夫・元宮崎県知事は告示前日の2011年3月23日、自由報道協会(仮)の記者会見に出席した。マンガやアニメの過激な性表現を規制する東京都青少年健全育成条例について問われると、「規制してしまうと産業が縮小してしまうのではないか」などと答えた。

   東国原元知事は、記者から東京都青少年健全育成条例は賛成か反対かと問われると、「反対と賛成の中間」とした。さらに、産業の視点からすると規制をかければ産業は縮小してしまう可能性があり、「過激な性表現」の「過激」を判断する審議委員会の構成について適切な人選なのか吟味する必要があるとした。また、不健全なものに手を出すかどうかは教育の問題なのではないか、などと語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中