須藤元気が被災地支援チームを立ち上げ

印刷

   元格闘家のマルチタレント須藤元気さんが東北関東大震災支援のボランティア組織「チーム WE ARE ALL ONE」を立ち上げた。活動の第1弾として、大量の水(およそ8トン)を現地に届け、ドラム缶風呂などで被災者のケアを計画している。

   急遽募集したボランティアメンバー(現在、応募受付は終了)約40人が2011年4月1日9時半、宮城に向けて東京を出発。1週間にわたり、現地で断水地域への給水・ドラム缶風呂・炊き出し・がれきや集積物の片付けなどの活動を行い、8日14時ごろ帰京予定だ。

   炭、ドラム缶、トラックなどの提供も受け、万全の準備を整えて出発するが、現地から想像以上に厳しい状況が報告されてきており、活動内容についてはまだ調整中の部分もあるという。

   支援活動は今回限りではなく、被災地の状況を見ながら2回目以降も計画していく。

   ちなみに、"WE ARE ALL ONE"(すべてはひとつ)は、須藤さんが格闘家時代から訴えてきた、平和で自然と共に生きるという理想を表現した言葉で、今回の活動はそれを具体的な行動に移したものだそうだ。

   「チーム WE ARE ALL ONE」では活動に必要な資金のカンパも募っている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中