南相馬に元気届けるチャリティーフットサル、横浜で開催

印刷

   震災に見舞われた福島県南相馬市を支援する基金の設立を目指したチャリティーイベントが横浜で開催される。

   「南相馬に元気球を届けよう!南相馬ボランティア活動支援チャリティーフットサル」と名づけられたこのイベントは、2011年4月3日13時から横浜市中区にある「キャプテン翼スタジアム」で行われ、一般公募の男女混合チーム(ピッチに最低1人女性が入っていることが条件)が順位を競う。

   このイベントをとおして、南相馬復興援助ボランティアの活動費用を安定的に確保するための基金「南相馬Traceable Charity」の取り組みを広く知ってもらうのが目的。当日集められた募金は基金の一部に組み込まれる。

   「南相馬Traceable Charity」は、南相馬市にある相馬ポニー牧場・牧場長である原田晃さんらが中心となって設立され、「いつ、どこで、何に使われたか」をすべてホームページで公開する「トレーサブル(追跡可能)」であることが特徴だ。

   元Jリーガーやフットサルを愛好するタレントにも同イベントへの参加を交渉中だという。詳細は以下のページから。http://MSTC.zz.tc/top

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中