緊急地震速報、正解率は「3分の1」

印刷

   気象庁は2011年3月29日、東北関東大震災以降に同庁が出した45回の「緊急地震速報(警報)」のうち、30回は適切に発表できなかったことを明らかにした。

   緊急地震速報は最大震度5弱以上と予想される地震の際に、震度4以上が予測される地域に対して出される。11日の震災発生から29日13時までに出した緊急地震速報のうち、30回は震度2以下の地域があった。

   気象庁は予想に誤差が生じた主な原因として(1)余震が多く、異なる場所でほぼ同時に発生した複数の地震をひとつの地震として処理した(2)停電や通信回線の途絶で緊急地震速報のデータ処理に使用できる地震計の数が減少した、の2点を挙げている。

   今後も同様の事例が発生する可能性があるが、同庁は「緊急地震速報が発表された場合には、強い揺れから身を守る行動をとるようお願いします」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中