ボランティア希望者にお願いしたい「心構え」

印刷

   「東日本大震災支援全国ネットワーク」はウェブサイト上で、災害ボランティアに初めて参加する人たちのためガイドラインを公開している。被災地に行く前に準備すること、被災者に向きあうための心構え、安全衛生上の注意点などが項目ごとにていねいに説明されていて役に立つ。

http://www.jpn-civil.net/support/volunteer/post_3.html

   報道で被災地の惨状が伝えられるたびに、「自分にも何かできないか」と思う人も多いだろうが、無計画に被災地に向かうといった行動は、逆に復興のさまたげになることもある。現在、自衛隊や災害支援の専門家、NGO・NPOスタッフ、政府関係者が現地でボランティアの受け入れ態勢を整えているので、希望者はその間に周到な準備を整えておくよう東日本大震災支援全国ネットワークは訴えている。

   同ネットワークは、ボランティア活動を支えるために全国約140の民間団体で2011年3月30日に結成された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中