NHK衛星放送再編 新チャンネル「BSプレミアム」の中身は

印刷

   NHK(日本放送協会)は衛星デジタル放送を従来の3チャンネルから「BS1」「BSプレミアム」のハイビジョン2チャンネル体制に再編、2011年4月1日6時から放送を開始した。

   これまでNHKは「BS1」でニュース・スポーツ中継、「BS2」で映画や海外ドラマ・アニメなどエンターテイメント番組、ハイビジョン画質の「BS-hi」でスポーツ中継・ドキュメンタリーなどをそれぞれ重点的に放送してきた。

柱は「紀行」「宇宙」「歴史」「シアター」など

   今回の再編ではBS2とBS-hiを「BSプレミアム」に事実上一本化した。教養・エンターテイメント系番組に重点を置き、柱として「紀行」「自然」「美術」「歴史」「宇宙」「音楽」「シアター」の7分野を掲げる。新番組のラインナップには「体感!グレートネイチャー」「極上美の饗宴」「山田洋次が選んだ日本の名作100」といったタイトルが並び、うたい文句は「本物志向の教養と娯楽のチャンネル」。

   チャンネル番号や電子番組ガイド(EPG)上での表示はBS-hiのものを引き継ぎ、BS2は放送を終了した形だ。ツイッターでは「さらばBS2」「長い間ありがとう」といった声が続々と上がり、NHK広報局公式アカウント(@NHK_PR)も「BS2は旅に出ました(4月1日)」とつぶやいている。

   BS1では引き続き報道・情報番組、スポーツ番組を中心に放送していく。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中