南相馬市長ユーチューブで「SOS」 「兵糧攻め状況だ」に世界から反響

印刷

   原発事故で屋内退避地域にもなっている福島県南相馬市の桜井勝延市長が、生活物資が足りない状況などをユーチューブで世界に訴えている。これに対し、米国の大学教授が連絡してきたり、米CNNなど海外メディアからも問い合わせが来たりするなど反響を呼んでいる。

「物資もなかなか入りづらい状況に置かれております」

コメントも英文を含めて100件以上

窮状を切々と訴え
窮状を切々と訴え
「政府から、そして東京電力からの情報もかなり不足をしている状況です」

   防災服姿の桜井勝延市長が、カメラに向かって切々と訴えていく。「SOS」などと題されたユーチューブ投稿動画のシーンだ。

   桜井市長は日本語で語っているが、英語の字幕も付けられている。南相馬市が2011年3月24日に収録した11分ほどの動画は、これまでに4万回ほども再生された。コメントも英文を含めて100件以上に達し、ネット上で話題になっている。

   南相馬市は、福島第1原発から北に約25キロ離れたところにある。20~30キロ圏の屋内退避地域に入っており、放射能を恐れた業者が物資輸送を拒否していると騒がれた。

   ユーチューブの中で、桜井市長は、ボランティアなども自己責任で入らざるをえないと窮状を訴える。メディアの取材も電話が圧倒的に多く、実情が伝わらないのが現状だという。

   同市では、5万人弱の市民が全国に避難したが、現在も2万人ほどが残っている。しかし、コンビニ、スーパーから金融機関まで休業しており、食料などを宅配したくてもガソリンがひっ迫している。政府は、生活面での不自由を考えて自主避難を促しているが、ガソリン不足でそれすら困ってきている状況というのだ。

   こうしたことについて、桜井市長は、「市民にとっては兵糧攻め的な状況に置かれています」と支援を訴えている。

米CNNなどから問い合わせ続々

   ユーチューブへの投稿は、南相馬市民で現在は秋田県に避難している建築設計業の中田建一郎さん(38)が、桜井勝延市長に持ちかけて実現した。

   英語字幕付きの投稿を勧めた理由について、中田さんは、ボランティアなどに頼らざるをえない不安定な現状が海外に伝わり、政府が動いてくれればなどと考えたと説明する。ボランティアを通じた自らの支援活動で市内に戻ったときに、桜井市長に会って快諾してもらったという。

   投稿動画に対し、海外からは早速、反響も届いている。

   アメリカのある大学教授は、市に電話連絡し、もっと世界に伝えるべきとしたうえで、「ぜひ物資を送りたい」などと言ってきた。日本の知り合いを通じて手配するのではないかという。また、米CNN、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙など外国メディアからの問い合わせも多く、「取材したい」との依頼もあった。

   動画コメントにも、英文が多く寄せられている。そこでは、「政府は空から物資を投下すればいいのに」「中国語に翻訳して投稿しましょうか」といった声が出ていた。

   窮状の原因について、前出の中田さんは、こう言う。

「屋内退避指示などが住民を翻弄して、2次災害的な状況になっているんですよ。避難指示を出したいなら、出すべきでしょう。そうでなければ、屋内退避を解除して、店舗や物流の再開などを認めなければ、とても生活していけません。解除できないなら、家庭への食料宅配まで国などが面倒をみないといけないと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中