高濃度汚染水、海に流出 2号機取水口付近に「ひび割れ」

印刷

   東京電力は2011年4月2日、福島第1原子力発電所2号機の取水口付近から同日午前、放射線量が1時間あたり1000ミリシーベルトを超える汚染水が海に流出していることを確認したと発表した。取水口付近の「ピット」と呼ばれるコンクリート製立て坑の側面に長さ約20センチのひび割れがあり、そこから海に漏れているという。

   福島第1原発付近の海では、3月30日に採取された取水口付近の海水から国が定めた濃度限度の4385倍の放射性ヨウ素が検出されるなど、高濃度の海水汚染が何度も確認されている。

「タービン建屋汚染水と関係」の可能性

   2号機では、タービン建屋の地下や建屋外の地下トンネル「トレンチ」のたまり水からも毎時1000ミリシーベルト以上の放射性物質が検出されていた。トレンチは海から数十メートルの距離で、トレンチ汚染水の海への流出は確認されておらず、汚染水の海への流出源は不明とされていた。

   東電は、今回見つかったピットからの汚染水流出と海で検出された高濃度汚染との関係を調べるとともに、ほかにも亀裂から汚染水が出ている箇所がないか確認している。

   また、今回見つかった立て坑のひびをコンクリートで埋め、2日中に流出を止める方針。東電は、ピットが2号機タービン建屋から海側に延びている地下配管トンネルとつながっている可能性があるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中