福島第1原発、「余震による新たな異常なし」

印刷

   2011年4月7日深夜に発生した宮城県沖を震源とするマグニチュード7.4の余震で、東京電力や経済産業省原子力安全・保安院は8日、福島第1、第2原発で新たな異常は発生していないと発表した。第1原発では注水作業も継続されており、モニタリングポストの値にも異常は見られないという。

   運転を停止している東北電力の女川原発(宮城県)では外部電源が1系統を残して遮断されたが、1系統で原子炉の冷却を続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中