ボランティアで株上げた江頭2:50 「NHKからオファー」の真相

印刷

   風評被害で物資が届かなくなっていた福島県いわき市で救援活動を行ったお笑いタレントの江頭2:50さん(46)はネットでヒーロー扱いされた。そのせいもあって、NHKが出演をオファー、CMの依頼まで来ていると報じられているが、その真相は。

   江頭さんがいわき市に入ったのは2011年3月20日。放射能に汚染され危険だとの風評が流布され、救援物資を積んだトラックすら入ってこない「陸の孤島」状態になっていた。

必要なお金は消費者金融で借りた

「『風評被害で物資が届かないいわき市。そこに本日トラックが到着!!!なんと運転手は江頭2:50だったらしく、友達のお母さん大喜び!』かっこいい!うれしいよー」

   こんな文章が「ツイッター」上に飛び交ったのは2011年3月21日。「これが本当ならば勇気ある行動だ」とネットで話題になったが、江頭さんも、所属事務所も救援活動をしたかどうかを語らなかった。

   そうした中、タレントの北野誠さんがその人物は江頭さんだと明かし、新聞や雑誌に取りあげられ始めた。

   一個人のボランティアだからという理由から何も語らないと決めていたが、周りが騒がしくなったため、ネットテレビ番組「江頭2:50のピーピーピーするぞ!」の第135回で真相を語ることになった。この動画は11年4月1日に「ニコニコ動画」で公開された。いわき市に行ったのは、NHKニュースを見ていたら「エガちゃ~ん、助けて~」という声が聞こえてきたからだという。

   友人を誘い、トラックと救援物資の手配をした。必要なお金は消費者金融で借りたそうだ。トラックには水、おむつ、ペーパータオルなどを買えるだけ買って積んだ。自分が誰かわからないように帽子とメガネで変装したが、途中でバレてしまったそうだ。

「それが本当なら嬉しいのですが」と所属事務所

   4月6日付け日刊ゲンダイは、芸能界はちょっとした江頭フィーバーになっていて、絶対にオファーは無いと思われていたNHKからも誘いがかかるほか、CM出演依頼も来ている、と報じた。ただし、江頭さんが出演をOKするかどうかは不明だ、とした。

   しかし、所属事務所の大川興業の担当者は、今回の援助活動に関して江頭さんのコメントが欲しい、という依頼は様々な媒体から多数あったことは認める。

   ただ、

「テレビ出演の依頼などは全く増えていませんし、CMの話しもありません。記事に書かれていることが本当ならば、当方としては嬉しいのですが…」

なのだそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中