東電「2兆円」借り入れ、新たな社債発行難しく

印刷

   東京電力は、発電所の復旧や借入金返済などのため、複数の金融機関から約2兆円を借り入れたと2011年4月11日に発表した。これまで資金調達は社債発行を中心に行われていたが、今回の福島第一原発の事故によって信用が低下したため、新たな社債発行が困難になっていた。なお、東電側は借り入れた資金を、原発事故にともなう損害賠償には充てないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中