パニック障害に自殺未遂 鬼束ちひろ、壮絶な告白

印刷

   歌手の鬼束ちひろさんの「変身」が目立つ。デビュー間もない頃の清楚な雰囲気とは打って変わって、ど派手で強烈なルックスになったのだ。発売されたばかりの自伝ではパニック障害や自殺未遂など、デビューからこれまでの壮絶な経験を告白している。

   鬼束さんは2000年、20歳のときにデビュー。同年発売されたセカンドシングル「月光」が大ヒットし、一躍スターにのし上がった。

「大変ですよ、殴られたり」「もっと大変なことはいっぱいある」

鬼束さんの強烈なエピソードが満載だ。
鬼束さんの強烈なエピソードが満載だ。

   2001年に発売されたファーストアルバムも大ヒットし、全てが順調と思われた。ところが、03年に声帯結節になったころから休業状態に。事務所を何度か移籍した後、07年に活動を再開し、途中休業を挟みながら現在に至っている。

   2010年8月には、同棲中の男性に暴行を受け、全治1か月の重傷を負ったと報道され、再び話題となった。

   そんな鬼束さんが2011年4月20日、ニューアルバム「剣と楓」を発売。19日には情報番組「やじうまテレビ!」(テレビ朝日系)に出演した。

   デビュー当初はシンプルで清楚な印象の服装だったが、この日は、金色のアクセサリーに、黒いギラギラとした服、真っ赤な口紅に紫のアイシャドウと、全く別人だ。

   暴行事件について「大変ですよ、殴られたり」とコメント。相手については「魅力的な男性でしたよ、ただ『手癖』が悪かったんじゃないかな」と語った。

   「人生に道があるとしたら、ボコってなったところですよ」「もっと大変なことはいっぱいある」と終始意味深な語り口で、聞き手の男性アナウンサーも困惑気味だった。しかし20日に発売された鬼束さんの自伝的エッセイ集「月の破片」(幻冬舎)はもっと強烈だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中