東北の夏祭り、仙台に集結

印刷

   杜の都せんだいに7月16、17日、東北の夏祭りが集結する。仙台市が5月24発表した。

   参加する祭りは、青森のねぶた祭、秋田の竿燈まつり、盛岡のさんさ踊り、山形の花笠まつり、福島のわらじまつり。それに仙台七夕まつり。

   青葉区の勾当台公園周辺が会場になる。6市のほか、各祭りの実行委員会や協賛会の6団体による共催で、会場には各地の物産を販売するコーナーを設ける。

   河北新報によると、「震災による風評被害を払拭しよう」と仙台、青森両市が秋田、盛岡、山形、福島の各市に打診して開催が決まった。6市の祭りが1か所に集まるのは初めて。

   奥山恵美子仙台市長は「イベントを通して、東北の夏祭りがことしも元気に行われることを全国に発信したい。来ていただいた人々には復興に向けて走りだした姿も見てほしい」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中