「仮設校舎は浸水区域外に」 大槌教育長、見直しの意向

印刷

   5小中学校の統合仮設校舎の建設が宙に浮いている問題で、岩手県大槌町の伊藤正治教育長は5月31日、私見と断って「浸水区域外になるだろう」との見解を表明した。6月1日に正式決定するが、工事が中断している大槌北小グラウンドでの建設を断念、内陸の柾内地区での建設が有力になった。

   地元メディアの報道によると、この問題で町教委は31日夜、保護者説明会を開いた。津波で浸水した大槌北小での建設には反対意見が相次ぎ、約1.7キロ内陸の柾内地区の民有地に建てる案に支持が集まった。

   これを受けて、伊藤教育長は「皆さんの意見を最大限に尊重する」と述べた。1日の教育委員会議で決定し、学校や保護者に通知することにしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中