LED電球が「白熱」を抜いた 5月第4週の量販店シェア

印刷

   LED電球の販売が急増している。家電量販店の販売動向を調査しているジーエフケーマーケティングサービスジャパンによると、2011年5月第4週の販売状況は、電球の全販売個数に占めるLED電球の割合は42.3%と4割を超え、白熱電球の割合(39%)を初めて上回った。電球形蛍光管は18.7%。LED電球の販売個数は前年同期の2.9倍。

   東日本大震災後の節電意識の高まりが背景にある。5月の1か月間でみると、LED電球37.2%、白熱電球43%だった。

   LED電球は、消費電力が白熱電球の約7分の1で、寿命も長い。最近では、参入メーカーが増えていることや、光の明るさが広がらないなどの難点が解消されてきており、さらに需要は伸びそう。夏にはシェア5割を超える可能性がある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中