気仙沼魚市場、6月23日から再開

印刷

   東日本大震災で壊滅的な被害を受けて閉鎖していた宮城県気仙沼市の魚市場が6月23日に再開される。

   気仙沼港は生のカツオの水揚げ全国一を誇る。県や市、気仙沼漁協は例年6月中旬に始まるカツオの水揚げを目標に、地盤沈下した岸壁の整備や水揚げの設備の復旧を進めてきた。

   当分の間は生のカツオのみを扱う。主に加工用になる冷凍カツオについては、冷蔵、冷凍、加工などの施設がほとんど失われているため、水揚げを見合わせる。1日の取扱量は当面、50トンまで。徐々に増やして300トンにすることを目指している。

   漁協によると、6月中旬の時点で、カツオの漁場は房総半島の南南東約350キロの八丈島付近にあり、北上は遅れ気味だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中