国産スパコンが7年ぶり世界一 理研・富士通の「京」

印刷

   理化学研究所と富士通が共同開発しているスーパーコンピューター「京(けい)」が、2011年6月20日に発表された世界のスパコン性能ランキングTOP500で中国を抜いて1位になった。日本のスパコンが計算能力で世界一となるのは7年ぶり。

   2012年に完成予定の「京」は、1秒間に8162兆回の計算能力を達成。2位(前回1位)の中国「天河1A号」の2566兆回を大きく上回った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中