ゴルフ、カラオケ、観劇は禁止 製薬会社の医師接待「上限2万円」

印刷

   製薬会社225社で構成する医療用医薬品製造販売業公正取引協議会(医薬品公取協)は、製薬会社の医薬情報担当者(MR)による医師への接待にかかわる自主規制を、2012年4月から強化する。

   接待にかかわる自主規制の見直しは02年以来。これまでも「華美過大な接待は好ましくない」としてきたが、過剰接待はなかなか止まなかった。4月からは、接待の上限金額を2万円。これまで認めてきたゴルフやカラオケ、観劇やスポーツ観戦、2次会の費用を出すことも禁止した。

消費者目線が求められる

「過剰接待」はなくなるのか?(写真は、225の製薬会社が加盟する医薬品公取協のホームページ)
「過剰接待」はなくなるのか?(写真は、225の製薬会社が加盟する医薬品公取協のホームページ)

   製薬会社が開く自社製品の発表会や、治験薬などの研究会や講演会には多くの医師が招かれる。医師の交通費や宿泊費を、製薬会社が負担するのはもちろん、会合が終われば慰労のために立食パーティーが開かれる。ホテルの宴会場にはグルメを納得させる食材を使った豪華な食事や、ワインや日本酒の銘酒が用意される。

   製薬会社のMRは、多くの接待予算をもつことで知られ、その後の2次会、3次会ともなれば、高級クラブやバーで接待役を務める。カラオケも楽しむかもしれないし、日を改めてゴルフ接待ということもあるだろう。

   ある医療関係者は、「やはりバブルの頃からですかね。こんな関係ができあがったのは。MRも接待して薬を使ってもらえれば自分の実績になりますから熱心になりますよ」と話す。

   製薬会社と医師との「癒着」を厳しくチェックする傾向は、国際的な流れになっている。米国では製薬会社に対して、病院や大学などへの資金提供について情報開示を進める動きがある。「過剰接待」も、それによって医師が一部の製薬会社から優先的に医薬品を購入することになれば、結果的に「患者が不利益を被ることにもなりかねない」(医薬品公取協)との懸念があるためだ。

   また、医薬品公取協は「医薬品は公的医療制度のうえに成り立っています。今後ますます消費者目線、国民目線が求められることになりますから、国民に説明のできないようなことは止める姿勢を明確にしました」と説明している。

悪質な違反は社名や内容の公表を検討

   医薬品公取協は、今回の見直しで「接待」を6つの類型に分けた。

   (1)製薬会社の自社製品にかかわる講演会後の立食パーティー

   (2)講演会や研究会で講演やパネリスト、進行役などを慰労する飲食会

   (3)講演会などの世話人会やアドバイザリー会議などでの飲食

   (4)製薬会社の社内研修会での講師の慰労

   これらについては1人あたり2万円を上限に認め、また(5)商談や打ち合わせを伴う飲食は5000円を上限に、(6)製品説明会などの弁当や茶菓は3000円を上限に認める。

   一方、2次会やカラオケ、ゴルフなどは禁止。「基本的に、遊興や娯楽が目当てになるようなことはふさわしくないと考えます」という。

   また、違反を繰り返したり、悪質な違反の場合には社名や内容の公表や、違約金や除名などの処分を検討するなど、厳しく改めた。8月末までに、想定できる過剰接待のケースなどの詳細を詰めて、消費者庁と公正取引委員会に届け出る。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中