東北の百貨店、売上げ急回復 夏物商戦と復興需要で

印刷

   東北の百貨店の売り場が活況を呈している。復興需要に加えて夏物商戦が重なり、6月、7月の売り上げは前年を大きく上回る見通しだ。

   河北新報によると、仙台の百貨店では、震災見舞いの返礼用に地元の特産品が中元ギフトとして人気を集めている。節電関連商品も好調だという。

   6月8日に中元ギフトの特設コーナーを設置した「さくら野百貨店」仙台店の場合、ギフト関連の売上高は29日までで前年同期比17%増。6月下旬にコーナーを開設した仙台三越、藤崎も「初日から例年を大きく上回る売れ行き」。いずれも牛タンや笹かまぼこなど宮城県産の商品が売れ筋だという。他県も同様で、盛岡市のカワトクでは「16の県産品の中から3品を選ぶ4800円の詰め合わせが、例年以上に出ている」。

   地元産品ギフトの好調ぶりについて各店は「発送先に被災地の頑張りを伝えたい、商品購入を通じて地域経済の復興にも役立ちたい、という思いだろう」と見ている。

   東北百貨店協会によると、東北の百貨店売上高(12社、23店)は震災に見舞われた3月には前年比43.7%に落ち込んだ。ゴールデンウィーク明けごろから急回復の兆しが見え、5月は前年比6.2%増とプラスに転じた。6月の統計はまだだが、前年比2ケタ増の伸びが予想され、7月も好調に推移しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中