宮古市にボランティアキャンプがオープン

印刷

   盛岡市災害ボランティアセンターは2011年7月6日、岩手県宮古市川井地区に「かわいキャンプ」を開設し、ボランティアの受け入れを始めた。

   「かわいキャンプ」は、ボランティア希望者に宿泊スペースを提供するとともに、沿岸被災地の災害ボランティアセンターまで送迎車両を運行する。また、各被災地の災害ボランティアセンターと連携して、被災地が望む支援内容との調整をする。利用料は無料。約100人が宿泊可能で、個人でも団体でも受け入れる。予約申し込みは電話(TEL:0193-76-2005)で受け付けている。

   電気、水道、ガス、トイレ、仮設シャワー、洗濯機は備わっているが、ボランティア参加者が自己完結で利用する施設なので、食事は各自で確保し(調理室は使用可能)、宿泊・ボランティア活動で使う身の回りのものは自分で用意する必要がある。

   こうしたボランティアキャンプの取り組みは、「遠野まごころネット」が先行して岩手県南部で実施しているが、「かわいキャンプ」は宮古市街へ約35分という立地条件を生かし、岩手県中北部の沿岸被災地を中心にボランティアを送り出す。施設利用の詳細は、盛岡市災害ボランティアセンターのウェブサイトで確認できる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中