狙われる震災義援金 便乗商法・詐欺に注意呼びかけ

印刷

   震災復興で動くカネを狙った便乗商法や詐欺が広がりつつあるようだ。福島民友によると、福島県消費生活センターに寄せられたトラブルの相談は11件。住宅リフォームや義援金に関するものが多く、センターは「相談は氷山の一角で、避難している人が自宅に戻ってから増えるのでは」と心配している。

   義援金に関連したもの5件。うち4件は「東日本大震災補償センター」を名乗る人物が電話で「国から通達があり福島県民に1人10万円を支給することになった。振り込みたいので口座番号を教えてほしい」というもの。このほか、NPOを名乗る団体がやってきて「貴金属を換金して義援金にする活動をしている」と貴金属の提供を求めるケースもあった、という。

   リフォームでの相談は、全壊した自宅の解体を依頼したところ、見積もりが出されないままに500万円を請求されたというもの。訪問業者に「地震で倒れた墓を直しますが前金が必要です」と持ちかけられ、現金を手渡すと修理しないまま逃げられたという話もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中