被災地を撮影「ストリートビュー」で公開 グーグル

印刷

   グーグル日本法人は2011年7月8日、東日本大震災の被災状況を記録、保存するのを目的に、同社の「ストリートビュー」の技術を使って各地を撮影、公開することを公式ブログで発表した。

   ストリートビューは、世界各地の場所を撮影し、360度見渡せる画像としてインターネット上で提供するグーグルのサービス。今回対象となる地域は、東北から北関東の主要都市や海岸地域で、3~6か月かけて撮影する予定だ。これまでにストリートビューの対象地域となっていた場所は、新たに撮影した画像に差し替えられる。

   グーグルでは、ストリートビューを通じて地震や津波が引き起こす被害を広く伝えるためと説明している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中