オートバイ女子大生接触、死亡 バスの運転手まで逮捕に疑問噴出

印刷

   短大1年生女子(18)のオートバイに乗用車が接触し、投げ出された短大生がバスにひかれて死亡する事故が大阪であった。乗用車とバスの運転手は自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕されたが、ネット上では、「なぜ逮捕するのか」などと疑問の声が噴出している。

   事故があったのは、大阪府四條畷市内の国道交差点付近で2011年7月19日朝のことだった。

乗用車が車線変更して接触、バスが女子大生ひく

   一部報道によると、短大生は通学でオートバイを運転していて、前方の乗用車に接触し、はね飛ばされた。そして、右車線の観光バスにひかれ、頭などを打って死亡した。これに対し、四条畷署は、乗用車を運転していた会社役員男性(43)とバスの運転手男性(59)を逮捕し、自動車運転過失致死の疑いに切り替えて調べるとしている。

   ところが、接触したのが前方の乗用車だったことや、はね飛ばされた短大生をバスがひいたことから、ネット上で、逮捕が妥当なのか疑問の声が次々に上がった。乗用車やバスの運転手が実名報道されたことに対しても、同様な声が出ている。

   事故は、本当に逮捕が避けられない状況だったのか。

   四条畷署によると、乗用車もバスも交差点の赤信号で止まっており、乗用車はバスの左後方の位置にいた。オートバイは、片側2車線の車列の間をすり抜けて、車列の先頭に出ようとしていたときだ。

   信号が青に変わり、乗用車がウインカーを出して右車線のバスの後ろに入ろうとしたところ、右後方から来たオートバイと接触。オートバイの車体は、バスの後ろに倒れたものの、短大生はバスの前輪と後輪の間に体ごと投げ出され、そのままバスが青信号で発進してしまったというのだ。

   運転手2人を逮捕した理由について、副署長はこう説明する。

警察「仕事に行かないよう身柄を確保」

「乗用車は、車線変更をするときにサイドミラーなどでの安全確認を怠っていました。それで接触事故を起こし、人が死んでいることを重くみました。現場で実況見分をするには、仕事に行かないよう身柄を確保しないといけないこともあります。過失の程度は低いかもしれませんが、バスも、発車前に安全確認をしないといけなかったわけです」

   逮捕の妥当性について、車の安全に詳しい自動車評論家の岡崎五朗さんは、こう疑問を呈する。

「警察は、過剰な反応だと思います。逃走などの恐れがあれば身柄を確保しないといけませんが、今回の事故では、免許証で本人確認すれば済んだことです。『仕事に行かないように』というのは、屁理屈で説明になっていないと思いますね」

   交差点近くでも、車線変更禁止を意味する黄色線が引いていなければ車線変更自体に法的な問題はない。しかし、後方から走ってくるオートバイを見落とし急に右にハンドルを切ったのは、明らかに乗用車を運転するドライバーの過失だという。その一方で、岡崎さんは、バスについては、過失が問われなくてもいいのではと指摘する。

「車体の下は、ミラーでも確認できないと思います。たとえ、後ろで大きな音がしたとしても、車の下に人がいると考えが及ぶのは難しいでしょう。ですから、青信号になれば発進してしまうのも無理はなく、運転手の逮捕は明らかに行き過ぎですよ」

   また、岡崎さんは、オートバイのすり抜けも注意しないといけないと話す。

「車列のすき間があれば、心理的に行ってしまうので、オートバイの事故は多いですね。走っている車の間をすり抜けるのは危険が伴いますが、信号待ちで前に出ようとしたときも同様です。たとえ、車が止まっていたとしても、ドアが開くなどのこともありますから、最徐行で走るべきだと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中