綿花で農地復興プロジェクト 製品はJAL機内で販売も

印刷

   東日本大震災で津波の被害を受けた仙台市周辺の水田で、綿花を栽培して復興につなげる「東北コットンプロジェクト」が進んでいる。同プロジェクトに参加している日本航空(JAL)の大西賢社長が2011年7月25日、現地を訪問した。

   プロジェクトの対象は、仙台市若林区の荒浜地区や名取市の水田計1.6ヘクタール。塩害で稲作が困難になり、塩分に強いとされる綿花を育てる。地元農家が生産し、11年秋に1.6トンの収穫を目指す。大正紡績(大阪府阪南市)が買い取り、アパレル関連企業が12年初春をめどに商品化する計画だ。

   プロジェクトはJALの機内誌で紹介される。製品は機内販売することも検討されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中