「日本ドラマと韓流」どちらが好き? 東京MXテレビ投票で日本派9割と圧勝

印刷

   「日本のドラマと韓流ドラマ、どっちが好きですか?」。俳優・高岡蒼甫さんが韓国コンテンツ推しのテレビ局を批判して物議を醸す中、東京MXのバラエティ番組「5時に夢中!」で、こんな質問が視聴者に投げかけられた。

   2011年8月1日の放送で、東京スポーツ紙面(8月1日分)を紹介した上で投票・メッセージを募集。番組も終わりに近づいたころに最終結果を発表すると、「日本ドラマ」3654票、「韓流ドラマ」521票と日本ドラマが全体投票数の約90%と多数を占めた。恒例の「生投票」コーナーで、これほどの投票総数は珍しく、出演者たちも驚いていた。

   しかし、番組では日本ドラマが圧倒的となったわりに、日本ドラマ派の意見はあまり紹介されずに終わった。東京MXでは、「H.I.T.-女性特別捜査官-」や「千秋太后」といった韓国ドラマも放送している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中