「水産特区」は実質タナ上げ 宮城県が復興計画最終案

印刷

   宮城県は8月17日、震災復興計画の最終案を決定した。2020年度までを復興期間とし、住宅の高台移転や漁港の集約再編、エコタウンづくりなど341の事業に取り組む。

   養殖漁業に民間参入を促す「水産業復興特区」構想は、地元漁業者の猛反発を受けて、最終案でも「検討すべき課題」という表現に。政府の復興基本方針にも創設が明記された最大のテーマは結局、政策内容としては明記されなかった。

   このほか、福島第1原発事故を踏まえ、農林水産物の放射能検査体制の強化など「原子力災害への対応」を緊急重点事項に明記した。

   最終案は22日の県震災復興会議での検討を経て、9月の県議会定例会に提出される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中