福島原発事故、避難住民の帰宅 「20年以上困難」の見通しも

印刷

    福島復興再生協議会が2011年8月27日、福島市内で行われ、菅直人首相や佐藤雄平福島県知事らが参加した。福島第一原子力発電所事故からの復興を、国の責任で進めていくことで合意した。また、細野豪志原発事故担当相は、放射性物質で汚染された地域について、除染などを行わなかった場合、政府の目標とする年間20ミリシーベルト以下にするには、年間の被曝線量が100ミリシーベルトと推定される地域では10年以上、150ミリシーベルトと推定される地域では20年以上かかると説明した。避難住民の帰宅が、長期間にわたって困難になりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中