「マブチネーター」また戻ってくる? 馬淵氏のチラシが話題に

印刷
写真は前日の代表選候補者討論会で配られたチラシ(白黒仕様)
写真は前日の代表選候補者討論会で配られたチラシ(白黒仕様)

   民主党代表を決める2011年8月29日の両院議員総会で配られた馬淵澄夫・前国土交通相のチラシがインターネット上で注目を集めている。

   「子育て・介護の実体験を生かし、ニッポンの家族を守ります!」と記したチラシ「まぶちイズム」には馬淵氏の生い立ちやこれまでのインタビューなどが掲載されている。しかし、話題になっているのは、その裏面。そこには、銃を手にした革ジャン姿のハードボイルドな「ターミネーター」ならぬ「マブチネーター」が登場する。

   ボディビルが趣味の馬淵氏は、「『マブチネーター』とのあだ名もつくほど」いい体格をしている。しかし、今回の写真はあくまで合成で「国土交通大臣退任時に役所の部下たちが作成し、記念品として贈ってくれたもの」だそうだ。ツイッター上では「なかなかユーモアあるなw」「嫌いじゃないよ、こういうの(笑)」「ユーモアのわかる常識人だと思います」など概ね好評だ。

   1回目の投票で、馬淵氏の得票は24。代表の座を争った5人の中で最も少ないという結果に終わった。ネット上ではチラシに書かれた「I'll be back!」に言及して「今回は布石の一手」「代表になるまで挑戦し続けるという意思表示かな」といった見方もあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中